SOPHIE&JASMIN'S MODE

They are source of my happy smile! 天国に旅立ったソフィとジャスミンの想い出とブルーノの日常を綴っています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
先月、ジャスミンが病気になった時に書きかけてた日記。 私がぐずぐずしてる間にジャスミンの方が先に駆け抜けて行ってしまい、UPしないまんまになってました。 それをこれから少しづつUPしていこうと思います。
なので、私の気持ちや思いは書いた時点のものです。 

なんか、いつもの元気がないなぁと感じたのは、多分6日月曜の夜の散歩。 いつもよりも比較的涼しかったので、馬事公苑一周チャリ引き散歩をした時。 いつもより走りが遅かったんだけど、久しぶりに(1ヶ月ぶり位)走ったからだなって思ってました。
戻ってからはゴハンくれ~くれ~ってな状態だったしいつもとなんら変わりなかったから。 今思うと多少だるそうにしてたかもしれない・・・

7日火曜日もいつもと同じだったけど夕方6:30頃に黄色い液を吐いた。 夕飯前だったしその後は元気だったから、空腹時に吐くそれだと思った。

水曜日(8日)もいつも通り。 私が仕事から戻ってくる迄もそうだったと思う。 扉の向こうでヒンヒン鳴いてしっぽぶんぶんで迎えてくれた。 でも今考えるとこの日位から前より寝てる時間が長くなってたかも。 夜ゴハンはいつも‘ヨシ'という声と共にがっついて食べるのに、食べ出す前に少し間があった。 でも食べ始めたからおかしいって疑問にも思わなかった。

9日の木曜日もそんなに変わらずだったと思うが、多少だるそうだなと感じた。 だけどこの日は涼しくて湿度もなかったので、またチャリで馬事公苑一周の散歩に出ました。 が、タラタラと走ってだるそうな感じがしたので途中からチャリ降りて一緒に歩き1周して帰宅。 今思うと近くの散歩にしておけば良かったと後悔します。 戻ってからのゴハンは茹でたレバーをペースト状にしてあげましたが、それはがっついて食べました。

9日のジャスミン
9日にたまたま撮った写真。 今これ見るとだるそうに寝てますね。

10日金曜日。 早朝からオリンピックの女子サッカーを見てたのだけど、その間もコンコンと寝てて起きない。 見終わってから準備などして7:30頃散歩に出る。 歩いてる速度が遅かったのでおかしいなぁと思ったけどボールを見せるとぴょんぴょんするので、暑くて少しばててるのかと思いました。
8:00から近所の木陰だらけで涼しい公園が開くのでそこでボール遊び。 ダラダラだったけど嬉しそうに遊ぶのであまり気にしなかった。
戻ってからいつもはゴハンなんだけど、騒がないしすぐに伏せてしまったので後にしようと思ってたらそのまんま寝てしまい昼の1時過ぎに起きた。 いつもだとお腹すいたってアピールして起こすのにジャスもぐっすり寝てた。
「あっ、いけない! ゴハンあげなきゃ!」ってジャスミンを起こしてゴハンを与える。 でも顔をそむけて食べない! これは様子がおかしい! かなりおかしい!
なので病院へ行こうと決心。 この時はまだ夏バテでもしたんだろうなって位にしか思ってなかった。
でも数日前にあげたアキレスを丸飲みして食べたことふっと思い出し、もしかしてそれが腸に詰まってる?と不安になって休診時間に連れてった方が良いか?後でも大丈夫か?を聞く為、病院へ電話。 お腹が膨れてきてなければ夕方の診療で大丈夫とのことで、午後4:00に病院へ。
病院へ行く前、3時頃にゴハン(レバーペーストと、野菜ペースト)を与えたら食べてくれた。

病院では、血液検査と、胃腸に異物がないかの確認の為にエコー。 そこで脾臓が腫れてることが分かりました。 通常ジャスミンの身体の大きさからしたら脾臓の太い所で正常2cm位らしいのだが、4cm程に腫れていると。 そしてそこに黒い影も映ってた。
血液検査の結果は血小板だけがとてつもなく低い。 何十万なければいけないのに3万ちょっとだった。
「これは、悪いものの可能性が高い。 多分血管肉腫ではないか?」との事。
組織検査をした方がいいけど検査は脾臓を摘出しないと出来ない。 ジャスの場合は血小板が低いので血がとまりにくい。 血がとまらないことを考えて輸血をしながらになるのでかなり危険とのこと。
なので脾臓を取らず針生検で出来る病院(大学病院、高度医療センター、そして癌センター)での方が良いとのことでした。
初めは大学病院を希望したけど丁度今夏休み中で混んでる。 ひと月~ひと月半先になるとのことで高度医療センターと癌センターと悩んでソフィが3年ちょっとお世話になった癌センターに予約を取ってもらうことした。

10日病院から戻ってきて
10日。 病院から戻ってきて

そして、その癌センターから21か22日だったら空いてるとの返事が来たと夜病院から連絡あり。
夜のゴハンはレバーペーストと野菜ペーストを完食したけれど、ずっと横になって辛そうだった。

10日病院から戻ってきて
10日。 病院から戻ってきて

11日土曜日。 朝8:00ゴハンを食べない。 その後9:30頃から再度挑戦。 でも食べないので1時間ほどかけて無理に手で口に押し込み食べさせる。 水を良く飲む。 とにかくほとんど横になったきり。
暑いのか?起きてる時はずっとハアハアしてる。 部屋の温度を26℃に設定。 私は寒いけど仕方ない、ジャスミンは暑いんだから。
夜もゴハンは食べない。 なのでペーストを口の中の上あごに塗りつけてみるがほんのちょっと5g位しか与えてないのに嫌だと逃げた。 そのまま何も食べず。

この後の状況は12日の記事ジャスミンの病気で。
まだいくつか日記があるので、そちらも徐々にUPしていきたいと思います。

今思うとハアハアしてるのは胸水が溜まってたからでしょう。 息がしづらかったんだと思います。 そして無理やり私が口の中に入れるゴハンにずっと横になったままのジャスミンが動くの辛いハズなのに、それでも立って移動して逃げたというのは相当嫌だったんだと思います。 今思うと本当に可哀想なことをしてしまいました。 ごめんなさい。

これはジャスミンが具合悪くなる約3週前(7月16日)の動画です。 前にUPしようと思っていて出来なかったのでここで。

スポンサーサイト
このページのトップへ
17日の21:30頃ジャスミンが旅立ちました。 ちょうど8歳と2ヶ月になった日、そして食欲も元気もなくおかしいからと病院へ連れてってからちょうど1週間でした。 あまりにも駆け足すぎてこちらの気持ちが追いつかない。 走るのが速かったジャスミンは旅立ちも速かった。 ジャスミンらしいな・・・。

昨日は午後から音響療法を受けゆっくりと時間をかけて点滴しステロイドの皮下注射もしました。 治療中は目もしっかりしてたけど、今までは受け始めると眠ってしまうのにこの日は眠らず起きてました。 時々立ち上がって向きを変えて横になってたので、起き上がる元気が出てきたと喜んでたんです。

17.AUG'12 旅立つ3時間前のジャスミン
旅立つ3時間前の音響療法中。 目もしっかりしてたのに・・・

帰りの車の中でも久しぶりに呼吸が穏やかで気持ち良さそうに寝てました。 でも家に着く20分程前に急に様子がおかしくなって家の前に着いた途端、私の腕の中で、そして大好きな車の中で息絶えました。
「もう苦しまなくてもいいよ。 逝ってもいいから、必ず生まれ変わって私の所に戻ってくるんだよ! もうすぐおウチだからそれまで頑張ってね。」って声掛けてたら、ジャスミンはその通り家の前に着いた途端に逝ってしまいました。
最期の2~3分は苦しそうな声を出してたものの、苦しんだ時間はとても短かったので、痛みに対して敏感なジャスミンにとっては良かったのかなと思います。 突然残された者は悲しくて切ないですね・・・

14日から徐々に癌性胸水が溜まりはじめ、そのせいで呼吸は荒くゼイゼイ音が出て、咳も時々出てましたが、16日胸水を抜いてお友達のフラット君からの成分輸血も受けたら、その後安定して穏やかな時を過ごしてたんですが・・・

ジャスミンはソフィが旅立ってから私と夫の心の支えになってくれてました。 いつも陽気で明るくって太陽みたいな子でした。 楽しいことしか考えてなく寝てるとき以外、叱られててもずっとしっぽ振ってて、喜びがMAXになるとグルグルしっぽが回ってました。 彼女のお陰で私達は笑いが絶えませんでした。
ありがとう、ジャスミン!
そしてたくさん遊びに連れてってあげれなくてゴメンね。 泳ぎにもなかなか連れてけなかった。
いつか生まれ変ってソフィと共に絶対私達の元に戻ってくるんだよ! 忘れないで迷わないでここにちゃんと戻っておいでね。
ソフィ、ジャスがそっちに行ったからよろしくね。 優しくしてあげてね。 色々案内して教えてあげて下さい。

最後になってしまいましたが、皆さんにジャスミンの心配をして頂き、また励ましや応援、アドバイスを頂いて、その言葉に勇気づけられました。 皆さんの暖かな気持ちのお陰で私も夫も最後まで笑顔でいる事が出来ました。 本当にありがとうございました。
そして途中まで書きかけてまだUPで来てなかった1週間前からのジャスミンの様子や治療のことを、気持ちが落ち着いたらUPしたいと思ってます。
今までジャスミンのこと可愛がってくださって本当にありがとうございました。 このページのトップへ
皆さんありがとうございます。 皆さんの励まし、応援がとても嬉しいです! そして皆さん一人一人にお返事出来ず、以前の投稿にもまだ出来てなくてごめんなさい。
ガンセンターから免疫療法の病院へ回り、先ほど0時すぎに戻ってきました。
昨日朝のレントゲンで胸水はたまりかけていて、でもまだ心臓が見えていました。 ですが、今日のレントゲンではすでに心臓が見えないほど胸水でいっぱいでした。
なので、貯まった癌性胸水を抜いて(中身は血液で1L抜きましたが全部は抜ききれてないとのこと 泣)お友達のフラット君より供血してもらいました。
この処置で本人かなり楽になったようです。
そして針生検ではやはり内臓系悪性組織肉腫の可能性がとても高いとのことでした。 関節系悪性組織肉腫よりも進行が早いそうで、病理の検査(今日は組織検査はしてなくて明日予定。)を待ってられない、今すぐにCCNU(ロムスチン)をした方がいいとのことでした。 でも癌センターだと処置するには入院とのことで、一人にさせる事は絶対させたくなかったのと、昨日の状態より悪くなってることを考えると本当に希望が持てるのかわからず、悩んで、悩んで明日の朝まで決めることにしました。 そしてお願いするのならまた明朝に行くことにしました。
そして、音響療法を受けにY病院へ向かいました。 そちらで、ガンセンターでの内容を話して先生に相談したところCCNU(ロムスチン)はした方が良いとのこと。 音響療法と一緒にすれば効果があがるとの事で、音響療法中でリラックスしてる間にそちらも処置してもらいました。

私は、今日どうしても仕事が休めず、ジャスミンのこと夫にお願いしてました。 仕事終わってからすぐにガンセンターへ向かったのですが、私が着いたのは1時半頃。 ジャスミンだるそうに寝てました。
ジャスミンは私に気付いて私の顔みたとたん、しっぽ振ってくれて、可愛い目で見つめてくれました。 無理しなくていいのに・・・。 涙でそうになりました。

だるそう
だるそうです。

くりくりお目目
たまに愛想振りまきくりくりの目で見つめてくれるジャスミン。 辛いだろうに・・・

成分輸血中
胸水を抜いて少し楽になったようです。 ただ今成分輸血中。

供血してくれたボウ君
供血してくれたボウ君(手前)とお付き合いしてくれたありすちゃん(奥)


ジャスミンが調子悪くなってからずっと、夜はリビングでジャスと共に寝てるのですが、昨夜までは夜中何度も起きてぜえぜえと荒い息をしてました。 やはり胸水が溜まったのもあり、呼吸が苦しかったのでしょう。 それにステロイド(プレドニゾン)で喉もかなり渇くらしく、お水を目の前に持っていってあげるとたくさん飲みます。 頭を床に落として寝てるのが苦しいらしく、頭すぐ持ち上げるので、多少は楽になるかな?と高めのクッションを置いてあげたのですが、それでもやはり辛いらしく、ぜえぜえするたび頭を持ち上げて目を覚まします。 私が撫でてあげるとクッションの上に頭を落としますが、またすぐあげての繰り返しでした。 見ててとても可哀想で辛い・・・
でも今日、胸水を抜いて少し楽になったようで、昨日と比べるとぜえぜえも少なくなったし、昨日より少しは寝れると思います。  このページのトップへ
昨日(14日)夜これを書いてる時は希望の兆しが見えてたんですが、今日(15日)はかなり悪いです。
今の状況とかけ離れてる内容、そして書き始めた時の私の気持ちも今とは違いますが・・・

14日。 朝プレドニゾン(20mg)とガスター(20mg) 朝晩に低分子ヘパリン注射各1本。
この日も朝から食べないので時間をかけ少しづつ口に入れ込むけど、昨晩よりかなり強く拒否るジャスミン。
これはやっぱり点滴しないとダメだわ、と10時頃K病院へ連れて行きましたが、家にいる時とは全く別犬。 立ってしっぽブンブンでみなさんに愛想ふりまくジャスミンです。 先生が、あれ?少し元気になったかな?って言うほtど^^;
もー、横になってればいいのに、体力をお愛想で消耗しなくてもいいのにって思うけど、どうもフラット気質が許さないらしいです(笑)

今朝のジャスミン
14日朝のジャスミン。 ウチではずーっとこんな状態で動かない。

↓だけど病院に着いた途端これです・・・^^;

先生に愛想振りまいた直後
先生に思いっきり愛想振りまいた直後。 

でもね、愛想振りまく元気がまだ残ってるようで嬉しい。 限界に近かったらきっとぐったりとしてるハズ。 先生が皮下輸液準備しに行ってしばらくしたらやっと落ち着いたらしく伏せました。

点滴直前

終わった直後・・・
首の後ろが入れた輸液で膨れあがって、こんな滑稽な姿になってる~^^; これには大笑いです(≧∇≦)

点滴後
首の後ろがたっぷり入った点滴で重そうです。

さて、家に戻ってから、再びゴハンに挑戦!
口の中にラム肉(缶詰の)他塗りつけるけど少し飲み込んだら、逃げ出すように移動し拒否。 それなら明日また点滴してもらえばいいかと、それで終わりにしました。

夜はY病院での音響療法(波動療法)です。 こちらは4年前ソフィが天国に行く10日前からAWG療法をしてもらった病院。 最後の方はひと月以上水便をしてたソフィが、これ受けた直後は軟便にまで回復し効果を実感できたのでした。 でも残念ながらもうその時はかなり進行して悪い状態だったので数回受けて旅立ってしまいましたが・・・
そんなこともあり、3日前に憎いヤツに侵されてるのでは?と分かった時点でこちらで免疫療法をしようと思ってたのでした。 今はAWG療法はしてないようですが。
でも、飲むだけで同じ効果のあるサプリがあるとのことで音響療法とそちらも試しました。

音楽療法前
14日夜Y病院で。 音響療法前のジャスミン

音響療法が終わった直後、先生が犬用のパン(黒ごま、ヨモギ、長芋他の体に良いもので作られてる)をジャスミンの口に持って行ったらヨダレ垂らしてたくさん食べました。 ここ数日食べ物はイヤイヤ状態で、ヨダレなんて見てなかったんですよね。 だからその久しぶりのヨダレがすんごく嬉しくって、この調子で食欲向上してくれたら期待出来るかも? そう思われました。
家に戻ってからは、今迄の缶詰はやはり無視でしたが、封を開けてあって、もう食べないからと私が捨てようとしてた馬肺のジャーキーにすっ飛んできました。 消化悪いけど、食べたいのなら食べたいものあげた方がいいのかなーって思って、小指の爪くらいの大きさにカットしてあげました。 たいして量はなかったけどそれを全部食べてまだ欲しがってる。 なので、牛レバージャーキー(ソフィにお供えしてた物 ^^;)も同様にカットしてあげました。
量的には少ないけど昨夜の状態は明らかに良かったんです。
まだはっきりと何に侵されてるかわかってないけど、もし悪性組織肉腫ならCCNU(ロムスチン)で西洋的治療をしながら同時に免疫力もあげる治療をして1年以上頑張れる可能性があると、明るい話もしてたのですが・・・。

今朝(15日)。 朝プレドニゾン(20mg)とガスター(20mg) 朝晩に低分子ヘパリン注射各1本。
また食べない(泣) 昨日食べてたジャーキーももう口にしないので、薬を飲ませながらラム缶詰を(魚も牛も豚も鶏もダメになってたので)上顎につけて3~4口食べさせていたのですが、立って場所を移動しフラフラしながらも逃げました。  
今思うと本人ムカムカしてたんだと思うんだけど、食べさせなきゃって、無理に食べさせたら嘔吐(>_<) しかも薬を飲ませ後に。 昨晩食べたジャーキーが出てきました。 やっぱ消化してなかった。 苦しめてごめんね。

K病院で
今日は愛想を振りまく元気がない。

K病院に点滴してもらうため、朝一番で連れて行きましたが、昨日の元気はもうないようで伏せたまんまです。
前日から食べ物を飲み込んだ後にむせたように咳をしてる時があったので、肺にいってる?と不安でした。 先生によるとその可能性もあるし、心臓が肥大してきて気管を圧迫してるか、もしくは日曜の時点で胸水が貯まってたので、肺の中にも水が貯まってきてる可能性も(肺水腫)あるとのこと。 聴診器で聴いた限りは胸水ではなさそうだけど、皮下輸液を入れる前にレントゲンで確認したい。 もしその疑いがあって皮下輸液を入れたら肺に回ってしまうこともあって危険な状態になるかも知れないので、輸液投入をしないか少なくしないといけないし、水を出す薬を使いたいが、その薬を入れるとカリウムが少なくなってしまうから、血液検査で電解質を確認したいという事でした。
そして、レントゲンの結果、肺の中ではないけど心臓の周りに貯まっていて、そのせいで心臓が上に持ち上げられてる状態でした。
なので、輸液は入れたい量の半分に、朝の嘔吐でステロイド(プレドニゾン)がもしかしたら一緒に出てるかもしれないとのことで、こちらも半分の量を同時に点滴で投与しました。

その日、午後一番で音響療法を受けにY病院へ行きました。 かなりジャスミン辛そうで呼吸も苦しそうでしたが、治療を受けた後は少し楽になったようでした。 良かった。

音響療法始まってすぐ
音響療法中です。 だるそうです。


音響療法終わった後
療法後。 少し明るい顔してます。

なんとか頑張ってもらいたい。 いよいよ明日16日はガンセンターで検査です。 このページのトップへ
記録の為に綴ります。

12日(日曜日)輸血とステロイドの治療のためにジャスミンを預けてきました。 輸血は数時間かけてするとのことで終わるのは多分7:00位でしょう。 連絡しますとのことでした。
供血してくれたのは偶然にもココア母さんの同胎、ビターおじさんの弟のケリー君(GR) 供血のドナー登録をしてるそうで、病院から電話がきた時もしかしたらジャスミンの輸血かも?って思ったそうです。
輸血、大学病院だとジャスミンが必要な血小板だけ取り出し(機械があるので、だったかな?)出来るそうですが、K病院では出来ないので350mlものたくさんの血を頂きました。 ありがとね、ケリー君!

お迎え連絡を家で待ってる間、ひとしきり泣いてしまいました。 ジャスミンをまだいっぱい遊びに連れてってあげたいのに、まだたくさんいろんなこと一緒に楽しみたいのに・・・なんでなの?
数日~長くても数週間と言われたのが受け入れられない。 ソフィを失ってから心の支えになってくれてたジャスミンまで失うなんてあまりに切なすぎる。
心の準備なんて全然出来てない! そんなに悪いとはとても信じられない!
これは誤診で、何日か後にはケロリと回復してくれる。 そんな風に思ってしまいます。 が、これが現実なんですよね。

処置が終わって
処置が終わって以前より元気なジャスミン。
体重は減ってないけど写真で見ると頭のとんがり君が目だってきたなぁ(T_T)

病院から連絡受け行くと、ジャスミンに会う前に皮下注射の練習をしてもらいますとのこと。 ジャスミン、血栓が出来てるらしく血小板が少ないのはそれのせいらしい。 先生の口から聞きたくなかったDICという言葉が飛び出しショックに打ちひしがれました。 その為に低分子ヘパリンを家で打ってもらうとのことです。
ヘパリンと言うのは血を固まらないようにする作用があるそうですが、血小板低いジャスミンは固まらないとすごく危険。 低分子ヘパリンはそういう場合に使うそうです。 詳しく説明聞いたけど実はよくわかってないのですな^^;

んで、注射の仕方のレクチャーを受け、その後空の注射器をタオルに刺して2回程練習。 そして実際に生理食塩水で刺してもらいますと言われて・・・。 夫と2人なので2本。 タオルに刺すのかと思ってたら・・・
なんと、ジャスミンが連れてこられた。 ヒョエ~((((;゚Д゚)))))))ジャっちゃんに打つの!?って青くなったけどそうだった。
そんなことなど何も知らず登場したジャスは、私達(ってか私)に会えた喜びでしっぽブンブンで部屋に入ってきて、私の所に(夫もいるのに ( ̄▽ ̄)です )まっすぐに歩いて来ました。 ジャスは私のストーカーでべったりだから私の方へ来ると思ってたんですけどね。 やっぱりでした(笑)

で、まず私から1本。 少し前に持ち方や指の使い方、刺す角度もちゃんと教えてもらったのに上手くできない^^;  そして液を押し出すのにも結構力が必要で、なかなかスムーズに出来ず時間掛かってしまった~。 ごめんよ~、ジャスミン。 ちなみに夫はさくさく短時間で出来てました。
それが終わり、次は薬(低分子ヘパリン)を入れましょうと先生。
じゃ、上手かった夫にやってもらいます。って言ったら、上手く出来た人はいいんです。 出来なかった人に(練習兼ねて)入れてもらいます。
・・・という事で、私がやることになりましたが・・・
針先キャップ開ける時におしりを押してしまい薬がキャップの中に少し出ちゃった^^; それを先生がちゃんと戻してくれて打ちましたが、緊張でさっきの時よりもさらに手間取ってしまったんですねぇ。 ジャスミンがジタバタするのを先生と夫が押さえつけてなんとか無事済みましたました。 ほっ!
でもね、家ではジャスミンに負担をかけないよう、素早く出来る夫が担当することに決定です。

それから、先生と癌センターのO先生(ソフィ担当してくれた)が話した結果、血管肉腫ではなく、悪性組織球肉腫の疑いもあるとのことでした。 全ては16日の検査ではっきりわかると思います。

翌日のジャスミン
翌日(13日)のジャスミン。 だるそうです。

家に戻ってきてから薬効果が出たか、いつもの半分強のゴハン(胸肉ミンチ)を自分から食べました。 その後、お友達より教えてもらって頼んでたCLPスーパーファスティングが届いてたので、それを与えるため封を切ったらキッチンへすっ飛んできたんですなぁ。 ぬるま湯で溶いてあげた3袋分美味しそうに舐めてくれて、その直後すぐ食欲湧いたのか?残りのゴハンも完食してくれましたーo(^▽^)o

13日。 低分子ヘパリン注射(朝晩1回)プレドニゾロン(20mg朝のみ)ガスター(20mg朝のみ)
朝になったら食欲がない( ; ; ) ステロイド飲む前だったからなの?ってその時は思いました。
とりあえず食欲湧くこと期待して、前日すっ飛んで来たサプリを与えてみたけどフンってするので、上顎につけて与え、それから2時頃まで掛けて、口に押し込み作戦、色んな種類のもの(牛、豚、ラム、魚系、ゴートミルクなど)を飽きる手前の量を何度も与える、で食べさせました。
新しい味のものは、最初は興味あって口にするけど3口程で嫌になるらしく、やめてしまう。 かなり偏食が進んでるようだなぁ。
夜も同様にやってみたけど与えると上手く舌を使って吐き出してしまったり、顔を背けてそれでもしつこく入れると立ち上がって移動してしまってダメでした。
ステロイドのせいで水はよく飲むけど食欲が出てないようです。 ソフィの時はものすごい食欲出てたんだけど。
この調子だとかなりきびしい? 覚悟しなくっちゃ。 切ないけどジャスの前では笑顔、笑顔。 明るく頑張ろう!
先生から食べなかったら点滴しましょうと言われてたので、今日14日朝連れて行きました。 今夜はY病院で音響療法を受けるので、食欲戻ること期待しようと思います! 今日のことは後ほど綴ります。  このページのトップへ
昨日夜から全く食べず、食べ物を口元に持って行っても顔をそむけるので、点滴を打ってもらった方が良いかもと病院へ電話し行くことにしました。
今日の検査で脾臓の腫れが一昨日よりさらに大きくなってるとのこと、血小板も1万以上も下がってて、24000しかないとの事で、このままだと10日先の癌センター受診まで持たないとのことでした。
普通はジャスミン位の脾臓の腫れでは血小板減少や食欲低下などの症状がまだ全然現れないらしいのですが、それが出てると言うことは、組織検査をしなくてもかなりたちが悪い進行度の早い血管肉腫と判断できるとのことでした。
血液凝固の検査では通常の2倍の時間がかかるけど固まるとのことで、一応脾臓摘出手術を踏まえ供血犬もお願いしていました。

先生のお話だと、何もしなかったら数日、ステロイドで食欲が出てもかなり早い癌なので数週間。 手術して取ったとしたら数ヶ月の可能性があるとのことでした。
病院嫌いのジャスミンは入院となるとかなりのストレスを感じるだろうし、かなり難しい手術なので、もしかしたら術後急変して逝ってしまうこともあるとのことでした。
夫と悩んで悩んで悩んで、一度は癌センター受診までの間手術しないでステロイドで持たせようと決めました。 それでも心はまだ揺れ動いてましたが。

でも先生の話を思い出しながら良く考えると、癌センターでの結果が悪かったとしたら、その後の処置は一緒。 手術するか、しないか、なんですよね。
そう考えたら悪い物がもっと大きくなる前に、ジャスミンの生命力に賭けて今日脾臓摘出手術しようと考え直し、その方向でいたのですが・・・

その後の術前検査で、既に体のあちこちに癌が散らばっていることが分かりました。
そうなると手術してもメリットがなく、なので今日は下がった血小板が上がる可能性に賭けて輸血しステロイドを打つことになりました。
ステロイドが効いてくれれば食欲も出ると期待出来るし、そうすると数週間頑張ってくれるかもとのこと。 それでも残された時間は数日~数週間のようです。

辛くて悲しい・・・ つい1週間前までは元気だったのに、なんでこんな急にこんな事になったの!
でも大嫌いな入院や手術のストレス感じずに、残り少ない日々を最後までゆっくりとうちで過ごすことが出来るから、ジャスミンにとっては良かったのかな?
私も泣いてないで、笑顔で頑張らねば!
今までの後悔もたくさんたくさんあるけれど、ただただジャスミンが最後まで苦しまず穏やかに日々を過ごしてくれることを願います。

病院でのジャスミン

今日の病院でのジャスミンです。 うちでは横になって座ることも立つこともしなかったのに、みなさんに愛想ふりまいてました。 これもフラットだからでしょうか。。。

先程連絡が入り、癌センターが22日から16日に早くなりました。 針生検、エコー他もっと詳しく調べてもらうつもりです。 このページのトップへ
ジャスミンの左後ろ膝あたりの出来物を昨年9月に部分切除したのだけど、その残ってた少しプックリした部分がちょっとづつ大きくなってきてました。 だけど、検査結果が良性の毛包母斑だったということもあってずっと様子を見てました。 でも、昨日(14日)の朝ジャスミンがしきりとその部分を舐めていて、見てみたら赤く酷くなってました。 以前大丈夫だったとしても、もしかしたら悪い物に変化するってこともあるかも・・・と少し不安になって病院で針生検してもらいました。

出来物


結果、肥満細胞種の細胞は見当たらず(ホッ!)好中球の死骸がたくさんあるとのことでした。 画面に映し出される細胞?組織?を見ながら先生から好中球がどれかを教えてもらったのですが、映し出される殆どがそれで、気持ち悪くなる位びっちりごっちゃりと重なり合ってありました。 好中球は細菌や異物などを食べて殺菌、分解してくれる白血球の1種で、怪我などをした後に傷口から発生する膿は、細菌との戦いで死んだ好中球の死骸だそうです。
先生曰く、炎症を起こしてるのでは?とのこと。 どうやら、人のニキビとかおできと同じような物のようです。 なので、塗り薬をもらってきました。 とりあえず、この薬で2週間ほど様子をみて、小さくなればOK、そのまんま変わらず、もしくは大きくなったら全部切除してもらおうと思います。

病院で
フードで釣ってるのだけど、それでも気分はブルーなジャスミン。笑顔がぎこちない(笑)

しかし、相変わらず病院に入った途端ぐぐぐっとテンションめっちゃ低くなるジャスミン。 診察台の上では脚がブルブル、緊張してしっぽは振れている状態。 病院にあるサンプルフードで騙し騙し、何とか気を紛らわしながら、診察してもらいました。 そしてお会計を待ってる間も、患者(犬)が入ってドアが開くと、ぐいぐいっと引っ張って出ようとしてた^^; もうなんでこんなに病院嫌いになっちゃったんだろうなぁ。 天国のソフィとはえらい違いだわ! このページのトップへ
6月か?それより前だったか?ハッキリと覚えてないけれど、ジャスミンの左ももにコリッとした感じの出来物を発見。 でもその時、それが変化したら病院で検査してもらおうと思い、しばらく様子を見ることにしました。 しかしその後大きくもならず、小さくもならずで、そのまんまにしておりました。

それが、最近ちょっと大きくなってきたような気がして、おととい診てもらいに病院に行ってきました。
最初先生は「たぶん脂肪腫じゃないかなー。」って言ってたけど、触診してみたら「違うなー。」ってことで・・・針生検ではなくそれを切除し病理検査に出してもらうことにしました。
その処置中、足がブルブル震えてたジャスミン。
取ったのを見せてもらったけど、3~4mmの球体のようなもので、それを麻酔なしで切除したんですなぁ。
切り取ったものはちっちゃいとはいえ、人だったら痛くて悲鳴をあげてると思うのですが、ジャスミンはじぃーっと我慢してて偉かった! いくら犬は痛みに鈍感とはいうもののやっぱり可哀想です。
けどね、何故か???しっぽは振ってたジャスミン。 怖いけど、嬉しいってことなの? どーいうことなんだか理解不能。
そして、その振られてるしっぽは処置中の先生の顔にバシバシあたっておりましたわー(;^_^A  ゴメンナサイm(_ _)m

検査結果は1週間~10日後だそうです。 抗生物質(バイトリル150mg)5日分でました。
切除終ってからのジャスミンったらかなりどんよりして、診察室に呼ばれる前とはえらい違い。 順番待ちの時は他の飼い主さんに愛想振りまいてたのに、終わったら別犬のように静かになっておりました~^^;

切除した部分←切除した部分。

そのどんよりちゃんも家に帰ったら元に戻ったし(ゴハンが待ってるからですな^^)今までのジャスミンだったら気にして舐めて絶対取ってるハズの包帯(今回のは粘着テープのようなものでしたが)を全然気にしてない風。
あーら、ずい分大人になったものね♪って安心してたのだけど・・・

人もゴハンを食べ終わりテレビを見てる時、いつもだと必ずちょっかい出してくるジャスミンが、全然おとなしくしてる。 やっぱり、ちょっと痛むのかしら?って思ってフッと見たら・・・
ヤツめ! 包帯を膝下までずらし、傷口のペロペロにご執心ではないですか!
っんとにもーっ!バイ菌入ったらどーすんのよー( *`ω´)と、慌ててずらした包帯元に戻そうとしたけど、粘着テープなのでくっつかない。 もういいやと諦めた私です。 

睡眠中です
傷口さんざん舐めつくし満足したように寝てます。

その後は絶対舐めないように監視してたのですが、ジャスミンはすぐ寝てしまって、そのあと起きた時にはすっかり傷口のことを忘れてるっぽく、全然気にもしてませんでした。 あんなに舐めまくってたのに。
まっ、今後は傷剥き出しのままで大丈夫そーなので、良かったのですが。
あとは、結果悪い物でないことを祈るのみです・・・ このページのトップへ

FC2Ad

Information

somin
  • Author: somin
  • 愛犬(フラットコーテッドレトリーバー)との暮らしの中での楽しいことや嬉しいこと、ちょっぴり悲しいことや切ないことなどを綴っています。

    ♥ ソフィ(享年11才2ヶ月)
    3年3ヶ月悪性リンパ腫と闘い
    '08.10月に虹の橋へ

    ♥ ジャスミン(享年8才2ヶ月)
    悪性組織球性肉腫(恐らく)
    病気とわかって1週間後
    '12.8月に虹の橋へ

    ♥ ブルーノ(2ヶ月)

Search

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

translate this blog into

イーココロ!クリック募金

募金サイト イーココロ!

クリック募金

東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

キボウのカケラ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ(7表示)

FAMILY・RELATIVE

  JASMIN'S
   BELLママDiary
   Hallo Emma
   晴-便り
   チャコナツんち
   ◇きまぐれだぁ~いあり◇
   matimama*net
   Tout va bien!
   ろく と ほほ 笑!
   ぼく、RIKUです
   パウニャウ犬まみれネコまみれ
   Rayの部屋
  BRUNO'S
   Team F.CHORD

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RECOMMEND

とり農園

刀根さんのこだわり
ヘルシーチキン

GREEN DOG

myDOG楽天市場店

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。