SOPHIE&JASMIN'S MODE

They are source of my happy smile! 天国に旅立ったソフィとジャスミンの想い出とブルーノの日常を綴っています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
22日(水)夕方にソフィの検査結果が出ました。 リンパ腫再発です! 完全寛解期間は休薬後10ヶ月、投薬中からすると1年4ヶ月。 もうちょっと、休薬後1年位は寛解を保ってくれるかなーって思ってたけど・・・ダメだったなー。
この日‘再発’と聞いても落ち着いていられたのは、1週間前にそうかもしれないって言われてから心の準備が出来てたからなのだろう。

治療前のソフィ昨年発症した時は脾臓まで侵されていたので(ステー4a)今回も脾臓まで出てるかをエコーでチェック。 結果はまだ大丈夫でした~。 それだけでもホッ!です(^^)
先生から今後の治療説明がありましたが、今回も効果が期待出来るとのこと。 なので、また化学療法でお願いすることを決心。
実はホリスティック医療もチラッっと考えてたのだけど・・・。
決心したのは、前回の抗癌剤がソフィに合ってたようで酷い副作用も出ずとっても良いQOLを保てたので、今回も同じ薬を使用ということでまた同じ様に良いQOLが送れるのでは・・・という期待があったから。

治療前のソフィ←↑写真は治療前のソフィです。 再発してるのにとっても元気で調子良いみたいだった。

この日から1回目抗癌剤治療が始まりました。

〈Week1〉
☆この日投与
ビンクリスチン(抗癌剤)
デキサメサゾン(ステロイド)
☆2日目からの薬(朝食前後)
プレドニゾロン(ステロイド)
エンフロキサシン(抗生物質)
ガスター(胃薬)

今回のプロトコール(治療計画)は前回のとは微妙に違ってるけど同じ26週の4クールです。 (4回投薬で1クール)
1・2クール目迄は1週間毎に投与、3・4クールは2週間毎。 毎回1クール終わったら1週間後に血液検査(CBC)です。
抗癌剤投与前にも必ず血液検査をします。 もし骨髄抑制があれば抗癌剤は出来ないので数日後にずれ込みます。 何もなく順調に行けば半年間で終わりだけどソフィは前回も骨髄抑制があって7ヵ月かかったからきっと今度も長くなるんだろうなぁー。 でも、それでもいいからすぐ完全寛解になって、ずーっとずーっとそれを保ち良いQOL送って欲しい・・・。
【“やっぱり”の続きを読む】
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
今日からソフィの体への負担を少しでも減らす為にゴハンをちょっこっと変更です。 肉をブツ切り生で与えるのを止めて消化に負担の掛からないミンチにし、それを加熱してあげることにしました。 買ってからあんまり使ってないマルチブレンダー(バーミックスもどき)の出番です(^^)♪ これからゴハン作りにちょっと手間かかるけど可愛いソフィの為だもんね!

ソフィ そして1日朝昼晩(3回)のゴハンを朝晩の2回に変更。 (昼はおからや豆腐、納豆の大豆系だった) 3回になったきっかけは薬を飲ます為だったのですが、薬が終わってもそれがそのままずーっと続いてました。

しかし、ワン友Yさんから「ワンの消化にかかる時間は長いから3回だと常に消化してる状態で体力を使って良くない!」と指摘され、おからもダメと言われちゃった^^; ずーっとソフィが2才の頃からあげてきたおからだったけどすっぱり今日から止めました。 大豆カスだから今のソフィが消化するにはかなりの負担になるんですねー。 それに蛋白質を取るのは動物性での摂取が一番だった。 ←食事セミナーで学んだこと忘れかけてるな~(≧~≦)


で、今日のゴハンは鶏の胸肉ミンチです。 ジャスミンは胸肉とガラです。 (ブルーの器がソフィ、ピンクのがジャスミン)
なんかソフィのゴハン、ゲロゲロってしたみたいでオエッ!(>_<)って感じだけど、これを美味しそうに食べるんだよね~。 作ってる時からヒーンヒーンと鳴いてたからよっぽど美味しいのでしょう。 でも食べるのはかなりスローペース。 ジャスミンは殆ど食べ終わってるけど、ソフィはまだ3/4は残ってる。 ゆっくりでも良いから完食して体力、免疫力をどんどんつけて癌なんてやっつけちゃおうね!
ごはん食事中
関連記事
このページのトップへ
昨日(16日)はソフィの3週間ぶりの定期検査でした。 最近ソフィの調子がイマイチで、疲れやすいらしくだるそうにすぐゴロンとなったり、下痢や嘔吐(←骨等の丸飲みが原因と思ってた)や、それに何てっても食欲が人一倍凄いソフィが朝ゴハンをなかなか食べようとしなかったり(←ちょっと悪くなった物でも与えたのかな?って思ってた)してました。 それに前回の検査で左肩リンパが腫れてると言われたことも心の隅っこで気になっていたのですが・・・。
とうとう恐れていたことが起きてしまいました。 (まだ確定ではないケド) 再発かも知れないのです!

ソフィ触診中のK先生「今日は良く触れるなぁー。」と言いました。
そのとたん嫌な感じがした私「良く触れるってことは腫れてるんですか?」と聞くと
「腫れてるなー。」と先生。
「先生、それって再発ってこと?」
目の前が真っ暗になりました。 涙が突然溢れてきてとまらなくなっちゃいました。 不覚にもソフィの前で悲しい顔見せちゃったよー。 イケナイね。
K先生は「後で数箇所の細胞を採りましょう。 まだ分からないし、もしかしたら調子が悪かったせいでリンパが腫れてるってことも・・・」と。
でも、「発症時は鼠径部が腫れていたからまたそこが腫れると思ったんだけど、膝の後だなぁー。 結構固くなってる」とクラっとする言葉を・・・。


ソフィ今回夫も一緒でした。 前回の検査の時、リンパ節が腫れてると言われウチに戻ってから夫と確認したけど私達素人には腫れてる部分どころか、リンパ節自体どこかが分からなかったのです。 だからK先生にリンパの場所、チェックの仕方をちゃんと聞いておこうと思い行ったのでした。 教えてもらいながら、K先生にどういう状態がまずいのかを聞いてた夫に「腫れて固くなってるとマズイ」と言った先生。
そのマズイ物が膝の後にあるなんて!


触診の結果ソフィのリンパ節の腫れている部分は首、肩、膝の後の3箇所(左右共)で、今回はその部分の細胞を採りました。 水曜日午後に検査結果が出ます。
この病気いつかは“再発”とは分かっていたけど、あまりにソフィの調子が良くてかなり楽観的になってた! 今迄再発って言葉を頭の隅に追いやってた感じです。 病気って言いながら、この所激しい運動や自転車引き&長時間散歩なんかしてしまった。 ソフィにはきつかったんだよね。 運動100%はしちゃいけないって言われてたのに、なんかそういうこと忘れてしまってた。 ゴメンね。

ソフィソフィ


触診後検査の為に預けたソフィは扉の向うで悲しそうにずーっと鳴いてた! 昨年も治療で預ける度にヒンヒン鳴いていたソフィ。 もし、再発だったらまた抗癌剤治療が始まる。 また可哀想なことしないとイケナイのです。 それを思い、この鳴き声を聞いてたらまた悲しくなってしまいました。 
ダメですねー。 こんなんじゃ! とにかくこれからもソフィのために、前向きにいつも笑ってないといけませんよね。 それにまだ再発って断言された訳ではないんだもの! あまり楽観的になってもマズイけど、明るく頑張らねば!

↓今日も所沢まで付き合ってくれたジャスミンです。
ジャスミン
関連記事
このページのトップへ
三茶に行ったので久々“肉のハナマサ”に寄ってみました。 で、ワン達用のお肉物色。 ヘヘヘ・・・最近はお肉を買う時の視点、1番がワン達用で2番が私達用になっているなー(>_<) (お肉以外の買い物もワン達のもの1番だけど^^;)
ワン達のおやつ用として買うか迷った牛アキレスとブタミミ。 処理(作り方)をどうするか悩みつつ、とりあえず牛アキレスの方だけ買ってみることに。(ハナマサのお肉、全般的にイマイチ安心出来ない部分もあるんだけど・・・とりあえず人用で売ってるし安いしで購入^^ゞ) 824gパックに23~4cmのが10本入っていて、オーストラリア産で100g/¥94と安かった!(←安心出来ない理由に安過ぎてもあるんだけどネ)

さて、このアキレスを・・・・ 
アキレス
①バットにとりあえず並べてみた所です。 どうするか思案中、横でソフィ&ジャスミンがボタボタとヨダレを落としながら「こうして良い子にしてればくれるんだよね~♡」・・・と期待を膨らませた目でじっとこちらを見つめ座って待ってました。 「今はあげないの!」って言いつつも・・・・at last! この“良い子攻撃”に負けてしまい生アキレスを1本づつあげてしまったのでした! 見つめられると意思弱くなるよなー、私って。
②「数日天日干しで乾燥させるかーコレ!」と思い立ち、一番日が当たる所に丸一日出してみました。 が、夕方部屋に入れてると夫が「バットよりタコ糸で真ん中を縛って繋げ、吊るした方が早く乾くんじゃないの?」と一言。 「うーん。確かに!」と納得したけど糸でしばるのが面倒だ! かなりの面倒くさがりやの私は、結局ささみジャーキーと同じ様にオーブンで焼く事にしました。 だってオーブンだったら様子見ながら30分毎にひっくり返すだけだもんね(^^)
③んでー、出来上がったのがコレです。 120℃のオーブンで3時間もかかってしまった!(≧O≦) なかなか乾燥しないから長かったー。 しかも、ひっくり返す度に縮んでて、どんどん、どんどん縮んで・・・とうとうこんなになっちゃったし!(>_<) 焼く前は24cm位あったので、かなりショックでした。 焼くと縮むのは知ってたケド予想外だー! たったの7~8cmしかないよぉぉぉぉ(T_T) でもかなり弾力性がありそうだから、食べごたえありって感じです。
④出来上がって写真を撮ってたら食欲の塊みたいなソフィが早々にスタンバイ! 「今はゼーッタイあげないよ! 母さんは前みたいに甘くないのだよ」と言いながらこの時は“良い子攻撃”に負けないようぐっと我慢。

もちろん後でソフィとジャスミンにあげました。 ソフィは期待通りクチャクチャクチャ・・・・・と長~い時間を掛け食べてくれたけど、ジャスミンったら! クチャクチャクチャ、ゴックンで終わりです。
「なんて奴! コレ出来上がるのに3時間ゆうに掛かってるんだからせめて3分位噛んで食べてよねー」・・・って言ったけど分かるわけないよねー。 
こんなにアッ!っという間に食べちゃうんだったら、ジャスミンは生アキレスで充分じゃん!・・・と思いました。 次回はブタミミに挑戦するぞぉー。
関連記事
このページのトップへ
ソフィとジャスミンのワクチン接種時期がやって来ました。 6月と7月生まれなので、同じ位の時期なのです。
一昨年まではワクチンの毎年接種は当たり前、しなくちゃイケナイ物と信じて疑いませんでした。 しかし、ソフィが病気になってからワクチンに対する考え方が大きく変わりました。    

ワクチンについての本ワクチンによる怖さは食事を手作り生食に変えるきっかけとなった本村先生の本にも書かれています。
この本を読みソフィの病気の原因の一つにワクチンもあったのだと思い、体への害となりうるワクチンを今後は打ちたくない!と強く思いました。

昨年ソフィは抗癌剤治療中だったので接種していません。 しかし、ジャスミンは接種してしまったのでした! しかも、5種混合を(≧-≦)
この時は本を読む前だったし、ワクチンは体に良くないとは知りつつも詳しく知らなかったのです。 (混合ワクチンがこんなに恐ろしいとはねぇー。)
だからジャスミンは子犬の時の2回のワクチンだけでは不充分なのでは?と勝手に判断し、しちゃったのでした(T_T) 今思うとこの時抗体価検査をしてもらえば良かったんだケド・・・。

今年はワクチンの抗体価検査をすることに。 検査は一番怖いパルボとジステンバーのみしました。 結果、抗体価が落ちてれば単体ワクチンを接種予定。 落ちてなればしません。
採血前

で、今回ソフィとジャスミンの抗体価検査をしてもらう為、公園友kuraちゃんち掛かり付け病院を紹介して貰い検査。 ウチが今行ってる病院(今迄考え方に納得出来なかったりとかで、数軒変わってます)では単体ワクチンは扱ってなく、検査もした事ないとの事だったので・・・。
kuraちゃんちのメルモちゃんは5~6年前から生食&ワクチン抗体価検査して接種って聞いてたのに、ソフィが病気になる迄ソレが良いってこと全然気づかなかった~。 食事についてもワクチンについても愛犬の病気でやっと気づいた駄目飼い主です!

採血中
今回ソフィも検査をしたけれど、今後彼女にはずーっと打つつもりはありません。 何故ってリンパ腫が再発する恐れがあるから・・・。 検査したのは彼女の免疫状態を知っておきたかったからです。

で、結果ですが・・・
判定基準は下のように3つのランクに分かれていました。
①感染を防御するのに充分な抗体価ではありません。(ジステンバー:512倍未満、パルボ:256倍未満)
②感染を防御するには不充分ながら、可能な抗体価です。(ジステンバー:512倍、パルボ:256倍)←良いのか悪いのか?どう解釈していいんだろうか???
③感染防御能力が充分にあります。(ジステンバー:1024倍以上、パルボ:512倍以上)

ソフィは2つとも②の数値で、ジャスミンはジステンバーが③パルボが②の数値。
この結果の連絡を貰った時には“不充分”というマイナスの部分に目が行ってジャスミンはパルボ接種した方がイイのかなぁー?っと思ってました。

が、このようなページを見つけ・・・・
↓クリックしてネ。
あぶない予防接種
抗体価検査とは
今回は接種を止めることに。 今は“可能な抗体価”ってことだしねー。
それに・・・
この情報によると注射をしたから免疫ができるとは限らないとのことなのです。 だからジャスミンが昨年接種した直後も今回と同じ抗体価だった可能性もあるのです。
そういえば採血してる時先生が、「フラットはワクチン接種しても抗体が定着しづらい子が多いんですよねー」と言ってたなぁー。
それと、抗体価の数値は今後変わっていく可能性が充分あるともあります。 もしかしたら来年は増えてるって事も有り得るかも知れないし・・・。

それと、先週はソフィの抜糸&リンパ腫の定期検査で癌センターへ。
ソフィ結果は“完全寛解”とのことだったのですが・・・。 そう言われたのだけど・・・。
実はソフィの左肩のリンパ節が少し腫れてるとのこと。 先生は再発ではなく、こないだの切除部分(左肘の2カ所)が少し炎症をおこした為にその影響で腫れてるのでしょうと言ってたが。 本当に再発じゃないの???・・・と不安な気持ちがムクムク。
K先生が診てのことだから、ホントに“完全寛解”なんだとは思いながらも、なんだか数日間素直に喜べなかったなぁー。 チラっとでも悪い方に考えてイカンよねー。
でも今は、悪いこと変なことは考えない。 なんでもないと信じてます!
関連記事
このページのトップへ

FC2Ad

Information

somin
  • Author: somin
  • 愛犬(フラットコーテッドレトリーバー)との暮らしの中での楽しいことや嬉しいこと、ちょっぴり悲しいことや切ないことなどを綴っています。

    ♥ ソフィ(享年11才2ヶ月)
    3年3ヶ月悪性リンパ腫と闘い
    '08.10月に虹の橋へ

    ♥ ジャスミン(享年8才2ヶ月)
    悪性組織球性肉腫(恐らく)
    病気とわかって1週間後
    '12.8月に虹の橋へ

    ♥ ブルーノ(2ヶ月)

Search

Calendar

10月 « 2006年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

translate this blog into

イーココロ!クリック募金

募金サイト イーココロ!

クリック募金

東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

キボウのカケラ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ(7表示)

FAMILY・RELATIVE

  JASMIN'S
   BELLママDiary
   Hallo Emma
   晴-便り
   チャコナツんち
   ◇きまぐれだぁ~いあり◇
   matimama*net
   Tout va bien!
   ろく と ほほ 笑!
   ぼく、RIKUです
   パウニャウ犬まみれネコまみれ
   Rayの部屋
  BRUNO'S
   Team F.CHORD

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RECOMMEND

とり農園

刀根さんのこだわり
ヘルシーチキン

GREEN DOG

myDOG楽天市場店

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。